意志がよわ日記

ツイッターで伝えきれないこと中心

ロッキン最終日に行ってきました

行くなら春フェス

 

冬フェスでもまぁいいだろう。

 

 

そんな風に思っていたのに、まさか、

 

 

 

 

初めてのフェスがロックインジャパンなんて……

 

 

 

 

 

f:id:kurikanokoo:20180814213832j:plain

 というわけで8月12日、ROCK IN JAPAN FESTIVAL2018の最終日に参加してきた。

 

家族で行ったのだが実は母親の実家が茨城県にあり、泊まる場所の確保ができるという最高の環境での参加となった。その後も何日か茨城に滞在し、帰宅した今この記事を書いている。

 

 

まず思ったのが茨城涼しすぎ。ちなみに涼しいのはこの日だけで他は東京と特に変わらぬ猛暑だった。奇跡だ。

以前書いたように私は極度の体力不足で、生きて帰ってこれるかだけが本当に心配だったのだが、この奇跡的な環境のおかげで助かった。

 

 

f:id:kurikanokoo:20180815073100j:plain

2005年のロッキンのTシャツを着てきた。父親がフリマで買ってきたものをもらった。

 

会場にいる人のほとんどは今年の物販T、去年や2、3年前のTシャツを着ている人もたくさんいた。そんな中、これと同じ2005年のTシャツの人を2人ほどみかけてびっくりした。でも多分、あの人達は私と違って実際に行ってるんだろうな。

 

 

 

では、見たアーティストごとの感想を書こうと思う。

セットリストは公式HPに掲載されているので各自で確認してほしい。

 

 

岡崎体育/GRASS STAGE

昨年「B'zの裏はキツい」という曲を披露した岡崎体育は今年は一番大きなグラスステージ。だが朝イチだったのでみんな物販に行っていて、「物販行ってるやん」という新曲を歌っていた。

友達のてっくんも登場、しかもてっくんソロを披露。かわいい。

 

途中、曲に合わせてみんなで足踏みをするというのがあり、そこではっきりと「時差」を感じてスケールの大きさに圧倒され感動した。

 

ポケモンコロコロコミックのタイアップもあり安全性が求められているらしく、ウォールオブデス(これは説明が難しいので調べてください)ならぬ歩いて戻る「ウォークオブデス」や「横ヘドバン」など安全面に考慮したパフォーマンスが多かった。

しかしその後の曲で普通にモッシュが行われて巻き込まれそうになった。なんなんだ。

 

最後は「2020年までにさいたまスーパーアリーナでワンマンをする」と言霊を残してステージを去った。かっこよすぎる。後方から見ていたが、このときはモニターではなく生崎体育をできるだけ見た。絶対に叶えてほしい。

 

 

☆宇宙まお/HILLSIDE STAGE

以前から気になっていた宇宙(うちゅう)まお。彼女はこのフェスの主催であるROCKIN' ONの番組「JAPAN COUNTDOWN」の主題歌を度々務めており私もそれが彼女を知るきっかけとなったのだが、どうやらやはりロキノンから優遇されているようで、デビューから毎年ロッキンに出演しているらしい。デビューがいつだかは知らないがすごい。

 

声がめちゃくちゃかわいい。少年のような歌声なのだが、喋り声と歌声がほぼ同じだった。

「このようや大きなステージに立つと大きなことを言いたくなりますが…」とMCで言っていて、先程の岡崎体育を思い出しまた胸が熱くなる。

 

 

ヤバイTシャツ屋さん/GRASS STAGE 

宇宙まおと時間帯が若干被っていて最初の方は見られなかった。ラストやアンコールでやるイメージの強い代表曲の「あつまれ!パーティーピーポー」を2曲目にやるという変則的なセトリにドキドキした。MCは嘘しか言ってなかった。

 

ヤバT有数の真面目曲「サークルバンドに光を」は周囲からバカにされ続けてきた大学のサークルバンド時代の苦労を綴った曲なのだが、今回その曲を一番大きなグラスステージで演奏した。

大学のサークルバンドがロッキンのグラスステージで演奏している。

それだけで感動しないだろうか?

 

ちなみに会場にはヤバTのグッズを身につけた人が非常に多く、そこでもまた人気を実感して泣きそうになってしまった。

 

 

パスピエ/PARK STAGE

別段好きなバンドという訳ではないが、Twitterのフォロワーさんに彼らのファンが多く興味があったので今回見ることにした。

一応、全く曲を知らなかったので事前に「予習」と称してYouTubeでやりそうな曲を何曲かプレイリストを作って聴いておいた。

 

ところが始まってから最初の2曲、それらの聴いてきた曲を全くやらなかったので死ぬほど焦った。もしかして完全に見当違いだったのではと思ったが、それ以降はちゃんとだいたいやってくれて盛り上がれたので嬉しかった。

 

そして大胡田なつきも声がめちゃくちゃかわいい。出番の前にマイクチェックとして出てきたのだが、その時に「暑い」と小さくつぶやいていたのが本当にかわいかった。 

 

 

☆Superfly/GRASS STAGE

ステージで見たわけではなく、後方のレジャーシートゾーンから座って見た。かなり遠かったのでモニターは見れたが実体は見ることができなかった。

 

こんなことを書くのは今更だし当然すぎて恥ずかしいが、すごく歌がうまいなというのが率直な感想である。別に近くで見ていた訳ではないのに迫力がすごかった。あと、生歌でも音源と声があまり変わらないタイプだったので聴きやすかった。

しかも、歌っている最中の声と、歌い終わった後に「ありがとう」と言う声のギャップがすごい。Superflyのファンの人ってこういう所が好きなんだろうなと思ったがそうなんだろうか。

 

 

サザンオールスターズ/GRASS STAGE

同じくシートゾーンから見た。親は前の方で見ていた。

チケットの受付後に出演が発表されたサザンだが、本当に異常とも呼べるほどの混み具合だった。裏でやっているバンドが若干気の毒になってしまう。

さすがサザンといったところで、1曲1曲のイントロが流れるだけで歓声がすごい。私はそこまで詳しくはないが、ほとんど知ってる曲ばかりだったのもすごい。あと特効もすごかった。フェスって特効出るんですね。

 

最後には花火も上がり、大盛況のまま幕を閉じた。

 

 

 

f:id:kurikanokoo:20180815162816j:plain

 そんなこんなで、初めてのフェスは大満足に終わった。体力面での心配もなんとかなった。普段聴いている曲も大きなステージで爆音で演奏されると感じ方が大きく異なり、フェスならではの音楽の楽しみ方を知れて非常にいい経験になった。

 

ただ、来年も行きたいかと聞かれると正直微妙なところである。今年は気温も低く日差しもない最高の天気だったので楽しめたわけであって、来年が今よりも暑かったらそうはいかないと思う。

 

とりあえず、徐々にライブに行く回数を増やしていって、体を慣らしていくほかない。

 

アイドルとプロデューサーのあるべき関係とは…

アイドルマスターが好きだ。

 

 

 

一部のシリーズは未プレイではあるものの、オタクとしての自分のかなりの割合を占めるコンテンツがアイマスである。

 

私は一プロデューサーとして、担当アイドルの可愛さ、美しさに悶えて爆発四散したり、ユニット内でのぶつかり合いや苦難を乗り越えて輝くアイドルの姿に涙したりしている。

 

 

 

ただ。

 

ただ一つ、納得いかないことがあるのだ。

 

 

 

アイドルとプロデューサーの恋愛、いわゆる「Pドル」である。

 

正直、いらない。と私は思う。

 

 

 

もちろん私がノンケの女だからというのもあるんだろうけど、そういうことではないのだ。

 

 

私の中でアイマスは「アイドルをプロデュースしてトップへ導くゲーム」であり、ゲームにおけるPの役割もそれが全てだ。

 

Pはアイドルの成長を見守り、成功への手助けをすることに徹するべきではないか。

 

Pとアイドルの恋愛は、ファンや世間からの期待を裏切ることになるのではないか。アイマスの世界だってガチ恋TOがいるんだぞ!多分。

彼女たちはあくまで「アイドル」であり、Pが勝手にどうこうできるものではない。

 

トップアイドルに育てるつもりが恋愛関係に発展し、その結果アイドルとして転落することになってしまったらあまりにも本末転倒だ。

 

 

 

 

ところがどっこいこのPドル、ほとんど公式である。

 

え~~~~~~~~~??????

 

こんなところで公式と解釈違い(それもかなり大きな)を起こすとは。

 

 

私が一番プレイしている『シンデレラガールズ』を例とすると、

 

登場するアイドル達はPに最大限の信頼を置くどころか、完全にPに恋している。だめだろ。

そしてそれに対してPは、ハーレム主人公さながらの様子を見せている。

 

 

違う!!!

お前の役割はそれじゃねえ!!!!!!

 

 

確かにアイドルと友好な関係になるのは何より大事なことなのだが、別にアイマスは公式で恋愛ゲームを名乗っているわけじゃないんだ。そこまでの関係はいらない。

 

 

というかアイドルのほとんどは10代であり、なんならそれより下もいる。そんないたいけな少女たちが明らかに成人以上であるPに恋愛感情を抱くのがまったく納得いかないし理解できない!

君たちは頼むからもっと健全な恋愛をしてくれ!!!!

 

 

対して、男性版の『SideM』は公式のPドル要素がほぼ皆無だ。Pとの関係によって上昇するパラメータはシンデレラガールズでは「親愛度」なのがSideMでは「信頼度」だったり、Pが男性とも女性ともとれる姿で描かれておりアニメでは男性だったりする。

 

せめて、せめてその位配慮して欲しかった…。

 

 

 

 

ちなみに例外がいる。

ASの「星井美希」と、シンデレラガールズの「佐久間まゆ」の二人である。

 

詳細は調べてもらうとして、彼女ら二人の共通点は「Pへの恋心なくしては成立しないキャラクターであること」。

Pへの思いが、彼女たちがアイドルとして大きく成長していく糧となっていく。むしろこの二人はPドル以外のカップリングが考えられない(熱いてのひら返し)。

 

 

ここまでつらつらと自分の意見を書いたのだが、これ、私がいくら言ったところで公式に反映されることは一生ない。さすがにもう取り返しがつかないので。

 

 

Pとアイドルの間に恋愛感情のない、且つ最高の信頼で結ばれている(かといって百合でもない)アイマス二次創作作品をご存じの方、ご一報ください。

特技がない

面接の練習用紙に「趣味・特技」を書く欄があり、行き詰まってしまった。

趣味はまぁあるが、私には特技がないのだ。

 

これまでの人生は「絵を描くこと」を特技とすることで乗りきってきたのだが、絵を描く学校に進学する予定なので通用しなくなった。

 

 

 

なにか私に得意なことはないだろうか。

 

私の得意なこと……

 

 

 

得意なこと…………………

 

 

 

 

うまい棒のパッケージイラストを見て何味か当てること」……?

 

 

f:id:kurikanokoo:20180721182947p:plain

皆さんはどれが何味か分かるだろうか。

 

正解は、左からサラミ味、めんたい味、やさいサラダ味、とんかつソース味、シュガーラスク味である。

古くからあるうまい棒は味と全然関係ないイラストが描かれており、私はかねてよりこれを特技としている。

 

しかし、ひとつ問題点がある。

 

 

面接で言えるような特技ではない。

 

 

これを特技と言い張れるのなんてうまい棒ソムリエの面接くらいだ。いや、むしろうまい棒ソムリエになるのであればこの特技は通用しないだろう。(代わりに「絵を描くこと」を特技にはできる)ていうかうまい棒ソムリエってなんだよ。そんなんねえよ。

 

 

最近バンドを見ると「楽器が弾けたら特技に書けたよな…」と思うようになってきた。うちの家族は私以外全員何らかの楽器が演奏できるが、私ひとり『聴く専』でここまできたので私はできない。
中学生時代、周りの友達が各自の好きなバンドに憧れてギターなりベースなりを始めていたが、私がその当時運命を感じて巡り会ったバンドはゴールデンボンバーだったので(この話は後日書きます)結果はお察しである。

 

 

何かないものか、と思って「特技」で検索すると「履歴書に書ける特技」みたいなのがたくさん出てくるが、「英会話」「暗算」「フットサル」など、私がやっていないどころか私のできないことばかりである。

 

これはもう……

 

 

 

 

うまい棒ソムリエになるしかないってことですか……??

フレデリック「飄々とエモーション」

f:id:kurikanokoo:20180711215850j:plain
いや、ジャケットかっこよすぎない?



兄と共にフレデリックのファンである。
新譜「飄々とエモーション」がリリースされたので聴いたのだが、

控えめに言ってマジで最高でした。


「オドループ」「オンリーワンダー」で有名なフレデリックは、前作のミニアルバム「TOGENKYO」で第一章を終え、今作からは第二章に突入している。まるでひとつの物語を読んでいるようで次が楽しみだ。ドキュメンタリー映画化してほしい。


あくまで独断だが、今思えば「TOGENKYO」の最後の曲、「RAINY CHINA GIRL」の中の一節「揺られてく先に見えるのは」というのは、この第二章を示唆していたのではないかと思っている。


前回の記事では解散したバンドを追いかけることの話を書いたが、今現在フレデリックの動向を追うことができている状況に感謝、である。




表題曲である「飄々とエモーション」、カッティングとシンセ音が印象的な「シンセンス」、ゆったりしたテンポのNEON PICNIC」、そしてキリンレモントリビュートの1曲でCMタイアップ曲の「シントウメイ」の4曲が入ったこのEP、「NEON PICNIC」以外の3曲は公式でYouTubeにアップされているので聴くことができるが、ぜひCDを買っていただきたい。










……………のだが、

欲を言うと今までのフレデリックの曲を辿ってもらいたい。それもできれば全部。


第二章であるこのEPの楽曲(特に「シンセンス」)には、至る所にこれまでのフレデリックの楽曲の要素がちりばめられている。
それらを全て把握してからこれらの曲を聴くと、より楽しめるし泣ける。とにかくエモい。


前作や別作品のキャラクターがカメオ出演する作品が好きなオタクは絶対に好きだ。というか私のことだ。


また、ボーカル三原健司の歌い方の推移も見所(聴き所)である。彼はかなり独特で癖のあるボーカルだが、最近めちゃくちゃ声がかっこいいのでその変遷をぜひ聴いて確かめて、面白いと思ってほしい。



要するに何が言いたいかというと、 




フレデリックを聴いてくれ~~~!!!!!!!!!


フレデリック「飄々とエモーション」Music Video / frederic“Hyohyo to Emotion”

タワレコに行った話と、全く関係ない報告

新宿は豪雨






ではなかった。
東京は雨が降っていないどころか若干晴れていて、何だか申し訳ない気分になってしまう。

さて、冒頭のフレーズは東京事変群青日和」の歌い出しの一節である。
今日は世界堂に行くついでにタワーレコード新宿店に行き、椎名林檎デビュー20周年記念の展示やらなにやらを見てきた。金欠なので何も買っていないし、写真も撮っていないが。



以前もブログに書いたが、私はわりと最近になって東京事変という変態の集団、およびその筆頭である椎名林檎を好きになった。親の影響なので家にCDやDVDがたくさんある。恵まれた環境だな、と思う。

他にも解散したバンドを好きになっているが、解散したバンドはめちゃくちゃ安心して応援(?)できるのでとても楽しい。いつ解散するか、事件が起こるか分からない不安感みたいなのが皆無なので。ただ、2度とライブに行くことができない。




ライブといえば全く関係ない報告なのだが、ロッキン最終日に行けることになった。
マジで楽しみなのだが、当方は体力不足、その上最後に行ったライブが星野源の前半ずっと座ってていいやつだったので体調の面が心配である。
今までフェスで死人が出たことってあるんだろうか。聞いたことがないが、もし自分が第1号になったら嫌だ。

とりあえず、当日まで体調管理をがんばります。

透明な飲み物を認めたくない

いまの日本は空前の透明な飲み物ブームである。
ジュース、紅茶、コーヒー、コーラ、なんでも透明にしておけば売れる「透明の時代」が来ている。

が、私は絶対にこの波に乗せられるもんか、と強く思う。いまだに一滴たりとも飲んでいない。
なぜって、意味がないからだ。

おそらくこのブームの火付け役になったのは透明なレモンティーだと思う。 なんか、「見た目は水なのにレモンティーの味を再現!」みたいな感じで売り出していた。飲んだ人もそんなことを言っていた。


じゃあレモンティー飲んだ方がよくない??????


好奇心、というのは分かる。 私だってどんなもんか飲んで確かめたいとは思う。
でも、そこで一回飲んで「ふーん、こんな味なのね」と確認したら、もう2度と飲まなくないか?
透明な飲み物を定期的に買って飲む人、いるんだろうか?

どうやら、「会議中などにジュースを飲んでいると白い目で見られるから、透明な飲み物は助かる」という意見もあるようだ。
なるほど、確かにね~~…………


お茶とかコーヒーはよくない???????????


やっぱり面白いから透明にしてるだけだろう。それとも、私が知らないだけで社会ってそんなに厳しいのだろうか。私が普通の社会人になったら会議でワインをラッパ飲みしたい。


そんな私だが、透明な飲み物の中で普通に飲んでるものもある。
「ヨーグリーナ」だ。
あれはめちゃめちゃ美味しい。
でも、あれとかフルーツ味のいろはすって「透明な飲み物」ではなくて「味のついた水」なのだ。
この2つの違いは非常に大きい。

もともと「水」から派生したものだったのに、いつから「既存の飲み物」の派生で透明なものが作られるようになったのだろうか。


いろいろなことを書いたが、私はこれからも透明な飲み物は飲まないと思う。 もし飲むときがあれば、それはこの世のすべての飲み物が透明になったときである。

ハンバーガーを両手で持って食べるとガツガツ食べてる感じがする

ヨーロッパ企画の暗い旅を見ていたら、「食べ物をガツガツ食べる」を実際にやる、という内容をやっていた。

番組ではメンバーそれぞれがガツガツ食べられそうな食べ物を持参して、1番ガツガツしていた人を(上田さんの独断で)決めていたのだが、一緒に見ていた母が「これはガツガツじゃなくない?」と言った。

それは土佐さんが食べていたポップコーンを見て言ったことだった。確かにそれに関しては私もそうだと思ったが、話していくにつれて私と母の間で「ガツガツ観」に相違がみられることが分かった。



……いや、「ガツガツ観」ってなんだよ??
まぁ何となく伝わればいいのだが。


母いわく、「がっつりしたものを食べる」のがガツガツらしい。例えば、肉とか揚げ物とか。
対して私は、「大量に、勢いよく食べる」のがガツガツだと思った。私がイメージしているのはどんぶりである。


その「ガツガツ観」を全員であらかじめ統一しておかないとこの企画成立しないのでは、と思った。
(番組自体はめちゃくちゃ面白かったが)



ちなみに後でいらすとやで「ガツガツ」で検索してみたところ、


f:id:kurikanokoo:20180617222649p:plain

ごはんだった。


それでは私は明日スイパラに行くので、ケーキをガツガツ食べてきます。